본문 바로가기
?

단축키

Prev이전 문서

Next다음 문서

크게 작게 위로 아래로 댓글로 가기 인쇄 첨부

E1504325063402_16ae_1.jpg


E1504325063402_d0c1_2.jpg


韓国出身のロックバンド、CNBLUEのフロントマン、ジョン・ヨンファが8月9日に約2年ぶりとなる日本2ndソロアルバム『Summer Calling』をリリースし、8月22日の大阪・フェスティバルホールを皮切りに約2年ぶり2度目となるソロツアー『JUNG YONG HWA JAPAN CONCERT 2017 “Summer Calling”』をスタートさせた。大阪、横浜の本公演5公演の約20,000席は即完売し、9月9日からの追加公演も決定している。本公演のラストとなる、8月31日の神奈川・パシフィコ横浜国立大ホール3Days最終日の模様をレポートする。


CNBLUEのヨンファとしては、バンドマンらしくギターやピアノを弾きながら歌うが、このソロコンサートでは「僕の声だけで勝負するライブ」と、ボーカリストに徹する。そのボーカリスト・ヨンファを支えるのは、コーラス2名、キーボード2名、ドラム、ベース、ギター、サックス、8名のミュージシャン。ダンスチューンには、4名のダンサーも加わるゴージャスな構成だ。


オープニングを飾ったのは、日本2ndソロアルバム『Summer Calling』のリード曲「Summer Dream」。晩夏の切ない恋心を歌うこの曲は、まさに今の季節にピッタリ。「今日は横浜の最終日。日本で3日連続でライブをするのは初めて! 夕べは11時間寝たので、エネルギーも充電できました。


初日よりもコンディションがいいくらい。今日は、最高のライブになると思います」と、ヨンファの気合も十分。


トークでも「2度目のソロツアー。初日の大阪からずっと楽しい」とテンションが上がると、指揮棒を取り出し、「(のだめカンタービレの)千秋先輩になりたい!」と、バンドと客席に向かって指揮をし、オーケストラごっこをする茶目っ気を見せた。


もちろん、トークはすべて日本語。「公演が終わったあとにSNSをチェックしているので、コメントはひらがなでお願いします」とか、最近スタッフさんが話しているのを見て「あざっす!」という言葉を覚えたとか、日本語がうまく見えるには「だよね」と答えるなど、日本語のトークも舌好調だ。


「2年前に初ソロコンサートをやったときは、自分の曲はセットリストの半分しかなかった。でも今回は、2枚のソロアルバムを出したから、僕の曲だけでライブができる。これからが、僕の本番。今日、僕は演奏をしません。僕の曲を僕の声で聴いてほしい。声が一番キレイな楽器だから」と、ソロコンサートに臨む意気込みを語り、2枚のソロアルバムの楽曲を中心に、たっぷりのトークを交えて20曲を約3時間という大ボリュームで披露した。


バンドマンの印象が強いヨンファだが、ソロではダンスも見せる。韓国でダンスを取り入れて驚かせた最新ソロ曲「That Girl」も日本で初パフォーマンス。他にも4人のダンサーと共にキレのいいダンスを見せる曲を数曲用意しているが、これほどまでにキッチリ踊るヨンファの姿が見られるのは、ソロコンサートならでは。


『CNBLUE SPRING LIVE 2017 ~ Shake! Shake! ~』でファンと一緒にダンスで盛り上がったCNBLUEの「SHAKE」も披露したが、会場も一体となってダンスを楽しんだ。


「今回は、全部僕が作った曲」と言ったヨンファだが、トークコーナーでは毎回、ヨンファお気に入りのJ-POPのカヴァーも披露してくれる。横浜初日にはB'zの「イチブトゼンブ」、2日目にはL'Arc~en~Cielの「Driver's High」、そして最終日には、レミオロメンの「粉雪」をバンドをバックに熱唱。これらはヨンファが大好きな先輩方の曲で、学生時代からカラオケでよく歌っており、いつか先輩方と共演してみたいという夢も抱いているそう。残す追加公演では、また新たな曲を聴かせてくれるかもしれない。


CNBLUEのライブは、とにかくロック! ヨンファのソロコンサートでは、CNBLUEよりもバラード曲と韓国語曲が多目。CNBLUEのヨンファではなくソロアーティスト、ジョン・ヨンファの音楽性、ボーカリストとしての力量、そしてエンターテイナーぶりが存分に堪能できる。ライブ中、ヨンファの口からは「楽しい!」という言葉と、ファンに対する感謝の言葉が何度もこぼれた。きっと、これらが彼の本心なのだろう。


この後は、ソロコンサートの追加公演として9月9日(土)・10日(日)の千葉・幕張メッセイベントホール、10月7日(土)・8日(日)の兵庫・神戸ワールド記念ホールで4本のライブを行い、本公演と併せて全9公演で50,000人を動員予定。


ソロコンサートが終わるとすぐに、CNBLUEとして6枚目となるアルバム『STAY GOLD』を10月18日(水)にリリースし、11月3日(金)の大阪・大阪城ホールを皮切りに、アルバムを掲げた『CNBLUE 2017 ARENA TOUR ~Starting Over~』をスタートさせる。12月16日(土)・17日(日)には千葉・幕張メッセ 国際展示場で所属事務所主催のフェス『2017 FNC KINGDOM IN JAPAN -MIDNIGHT CIRCUS-』に参加する。

(取材・文/坂本ゆかり)


http://www.excite.co.jp/News/music/20170902/E1504325063402.html


List of Articles
번호 분류 제목 날짜 조회 수 추천 수
244 리뷰 한류diary - vol20. 2010년 10월호(수정중) secret 2012.10.02 1 0
243 리뷰 CNBLUE 한국 아티스트 첫 "MTV Unplugged" 녹화가 대성황 속에서 종료 secret 2012.10.04 1 0
242 리뷰 아이돌로지 Idology - 씨엔블루 “RE-CODE” (2020) 2020.11.26 104 2
241 리뷰 '월요일은 없어요';…씨엔블루, 쉴 틈없는 120분 록페 file 2017.06.05 247 1
240 리뷰 [공연리뷰] “여전한 폭발력”...씨엔블루, 돌아온 무대 위 챔피언 2 2017.06.04 259 1
239 리뷰 [더스타리뷰] 뮤지션-팬사랑꾼-무한체력…"씨엔블루, 공연킹 인정" 2017.06.04 279 0
238 리뷰 [Oh!쎈 리뷰] '록밴드' 씨엔블루의 진면목 2017.06.05 300 2
237 리뷰 CNBLUE 'Shake' - Fomo Daily Reacts 1 2017.06.20 323 0
236 리뷰 7℃N: 씨엔블루의 지금 1 2017.03.21 339 3
235 리뷰 KpopReviewed: Between Us – CN BLUE 1 2017.03.24 340 2
234 리뷰 Album review of Jung Yong Hwa's Do Disturb (The Straits Times) 1 2017.09.06 343 1
233 리뷰 Review of Euphoria album 2 2017.01.12 353 3
232 리뷰 Compilation of 7°CN reviews 2 2017.04.04 354 1
231 리뷰 Americans React to CNBLUE 'Between Us' 1 2017.06.20 356 0
230 리뷰 Room622 in HK - 鄭容和淚灑香港舞台 承諾兩年後跟大家見面 7 file 2018.01.29 360 5
229 리뷰 '두 디스터브', 도전과 테크닉으로부터 오는 해방감 2 2017.07.22 373 6
228 리뷰 [가요톡] 씨엔블루, 편견과 싸워온 7년史···결국 보여줄 것은 '음악' 2017.03.22 382 5
227 리뷰 [엑's 초점] "브랜뉴 씨엔블루"…새 옷 입고 완전한 업그레이드 1 2017.03.21 390 2
» 리뷰 [excite] ソロコンサートでは楽器演奏を封印 「声が一番キレイな楽器」 file 2017.09.02 405 2
225 리뷰 Fuse TV - KCON NY 2017 리포트 file 2017.06.29 413 1
Board Pagination Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 Next
/ 13